アイキャッチ画像

ペットを飼いたいと考えている方、飼いたい気持ちはあるけれど不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
ペットを飼うのはとても大きな決断だからこそ、しっかり考えて選択したいですよね。

そこで今回は、実際にペットを飼っている方のエピソードやペットの種類、飼っていない方のホンネまで、なんと1,700人以上のリアルを詳しくご紹介します。
ペットを飼いたい方の参考になれば幸いです。

また、一人暮らしでペットを飼いたいと考えている方には、こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ併せてご覧ください。

sample

一人暮らしでペットを飼いたいと思っている方へ おすすめのペットと費用、注意点をまるっと解説!

自宅に帰った時にかわいいペットに出迎えられたい、大好きなペットと一緒に引っ越したいと考えている方へ、おすすめのペットや飼育にかかる費用などを解説。一人暮らしでペットを飼う場合の注意点についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次・一覧

    はじめに

    DOOR賃貸の公式twitterアカウント(@door_chintai_)で実施したキャンペーンに参加してくださった1,743名に、ペットに関するアンケートをお願いしました。※実施期間:2022/1/6~2022/1/31

    今回はその回答をご紹介していきます。


    アンケート回答者がお住まいの住居形態はこのようになっています。

    住居形態 人数
    持ち家 901名
    賃貸 842名
    合計 1,743名

    ペットを飼育している割合

    ・全体

    ・住居形態別の割合

    全体では、「ペットを飼育している」「以前飼育していた」を合わせ、65%もの方がペットを飼った経験がありました。

    また、住居形態では、賃貸よりも持ち家に住んでいる方のほうが、飼育したことがある割合が高いことがわかりました。

    ペットを飼っている人に関するデータ

    みんなが飼っているペットのランキング

    現在一緒に暮らしているペットがいる方へ、ペットの種類を聞きました。

    動物名 持ち家 賃貸 合計
    142 77 219
    142 70 212
    ウサギ 19 14 33
    鳥類 21 11 32
    金魚・熱帯魚・メダカ・その他魚類 22 7 29
    齧歯類(ハムスター・チンチラ・モルモットなど) 7 14 21
    爬虫類 9 12 21
    カメ 3 2 5
    フェレット 1 1 2
    ハリネズミ 2 2
    エビ・カニ・ヤドカリ 2 1 2
    カエル 1 1 2
    ポニー 1 1
    リス 1 1

    ※複数回答可

    犬・猫が圧倒的多数という結果になりました。

    住居形態別に見ると、賃貸で「鳥類」「金魚・熱帯魚・メダカ・その他魚類」を飼育している方が少ないのが特徴的です。水槽やケージが設置できるスペース、清掃やメンテナンスの問題が影響していることがみて取れます。

    「ウサギ」「齧歯類」「爬虫類」は鳴き声がほとんどないことや、限られたスペースでも飼育が比較的簡単であることから、賃貸暮らしの方にも飼育しやすいといえます。また、ハムスターやモルモットなどの小動物も人気です。

    みんなのペットに関するエピソード(動物別)

    実際にペットと一緒に暮らしている方から、愛情あふれるエピソードもたくさんおうかがいすることができました。その一部をご紹介します!

    ■犬編

    • 帰宅して、真っ先に出迎えてくれる愛犬が愛おしくて、最近は寄り道せず帰宅しています。

    • 昨年息子を妊娠し、つわりが始まった頃、主人が出張でおらず、一人で辛い思いをしていたころ、いつも自分のケージで寝ている飼い犬が、つらくて動けなくなっていた私を心配して寝室まで来て私の足の裏をペロペロ舐めてくれました。今でも忘れられない思い出です。

    • うちの犬は感情豊かすぎて、嬉しすぎてオエッてなったり病院が怖すぎて震えがとまらなくなったりいちいち大袈裟なのがとても可愛いです🤣❤️

    • 私のペットの犬は、私が顔を手で覆い嘘泣きをすると必死に私の元へ来て大丈夫??といっているかのように覆っている手を引っ掻いてきます( ◜ω◝ )それが嬉しくて可愛くて、1日の疲れが吹っ飛びます(笑)我が家の大切な癒しです( ◜ω◝ )

    • 嬉しいことがあったときは一緒にはしゃいでくれます。悲しいことがあり私が泣いていると、ずっと隣にいてくれる優しい子です。全てを理解しているんじゃないかと思うほど、表情や態度で示してくれます。大事なパートナー、家族です。

    • 私が落ち込んでいる時、わかるようでそっとそばに来て顔をじっと見つめられます。

    • もう16年も一緒にいるので我が子同然。イビキや寝言を犬も言うんですがどんな夢を見て何で言ってるのかもわかる気がします(^-^)

    • 14歳になるパグと暮らしています。目も見えず、耳も聞こえないので鼻がとても効きます!なので、私の涙の匂いがわかるのか、悲しい時には決まって身体をつけてそばに来てくれます。かけがえの無い大切な家族です!部屋を探す時も、第一条件は、犬と暮らせる事です!

    • 早起きの犬がいるので自然と早起き生活に!朝活もでき健康的になりましたよ☆

    • 私がやや引きこもりになっていた時に、両親が心配してペットショップに連れて行ってくれて、一目惚れした子を我が家で育てることになりました。それから外に出てお散歩ができるようになって、一緒に外に出て散歩して帰るという日々を続け、私も働きに出かけられるようになりました。来月結婚で離れ離れになるのが寂しくてLINEスタンプを作りました(笑)

    • 交通事故にあって体調悪い時期にリハビリのためにきてくれた犬!いまは心身とも元気になりました。家族の癒やしです

    • それぞれ性格が違う3匹の犬に囲まれて幸せでした!

    ■猫編

    • 飢餓状態の野良猫で警戒されてたけど、今ではすぐ膝や腹の上に乗ってくるまでなついてくれた

    • いついかなる時でも常に猫ファーストです!飼い主は猫さんの下僕(笑)

    • 病弱な自分が、調子が悪い時はいつもそばに居てくれる

    • 我が家の猫は震災の保護猫です。はじめはしばらく心を閉ざしていましたが、今では私の腕枕で眠るほど仲良しに…。今年で15歳になりましたが、これからも元気で長生きしてほしいです!

    • 立て続けに犬と猫を亡くしてしまい寂しい日を過ごしていましたが、縁あってきた子猫はあまりにも不細工すぎて笑っちゃうほど。けどそこがまた可愛くて可愛くて。毎日家族皆んな癒されてます。

    • 愛猫と一緒に過ごせるリモートワークが楽しくて仕方ない!

    • もともとは野良だったわが家の猫。家族にちょっと大変なことがあった時期に、まるで慰めるように頻繁に来てくれました。いまでは大切な家族の一員です。

    • 人が苦手な猫ちゃん。じわじわと地道に距離を縮めていき撫でられるようになるのに半年かかりましたが今では毎晩一緒のお布団で寝てくれるようになりました!

    • うちの猫はいつも窓辺に座って私が帰ってくるのを待っていてくれます(^^)人懐こい猫なのでお客さんにもお腹を出して撫でて〜と寄ってくる可愛い猫です♡

    • 愛猫が家で待ってると思うと、疲れた仕事終わりもにこにこして帰ってこられます。

    • うさぎと猫がいます。喧嘩するかと思いきや、仲良く一緒に寝たりしていて可愛いです。

    • 彼氏に振られて毎日悲しい日々だけど猫ちゃんに癒されて救われてます。今年は運を味方につけたいです٩(´・ω・`)و笑顔になれますように🌞😊🌞

    • 去年から、初めて動物を飼うことになりました。猫3匹です!!保護猫を2匹引き取る日に、家族が職場の駐車場で野垂れ死にそうになってた生まれて生後4日の子猫を見捨てられず拾ってきて一緒に飼うことに。今は、仲良く3匹で家の中を走り回ってます!!

    ■ウサギ編

    • 恩師の家で生まれた子を引き取りました。可愛くて仕方がありません。

    • 子供の頃から猫を飼っていたので結婚してからも飼いたかったのですが、夫が猫アレルギーでウサギを飼う事になりました。今はもうウサギが可愛くて可愛いくてしょうがなく、家族のアイドルです。

    • 我が家のウサギ、主人が一番反対していたのに、今はうさぎのおやつを買ってきたり爪切りしたり、一番の世話焼きになってます(笑)

    • うさぎに一目惚れし、買い始めました。名前を呼ぶと反応し、家族の会話も増えました!

    • 部屋んポすると、添い寝してくれるかわいいウサギです。

    • 夫がどうしても飼いたいと駄々をこねて飼い始めたウサギ。今では懐いて甘えてきたりついてきたり。可愛くって今では私の方が溺愛しています。

    • いつも大人しいうちのウサギも私が帰ってくるとはしゃぎ回る姿を毎日見せてくれるのでとても可愛いです。

    • 病院に入院してたウサギが家に帰れて大喜びしてました。やっぱり我が家が一番ですね。

    ■鳥類

    • 犬か猫をずっと飼いたくて買い物へ行った時にたまたまペットショップでインコを見つけて一目惚れをしその日にお迎えしました。今では犬猫よりインコが世界一大好きでかわいい動物になりました。去年の夏にもう一匹お迎えして二人で仲良く遊んでます。とっても大事な家族です。

    • おしゃべりしてくれる

    • 飼っているセキセイインコ♂が「可愛いね〜チューしよう!チュッ♡」と言って私の鼻に自分の鼻をくっつけてきます。嫌な事があっても癒やされる時間を与えてくれるペットの存在は大きいです。

    • セキセイインコと金魚がいます。セキセイインコは私達と一緒に住んでいた祖母が具合が悪くなる数日前に突然飼うことになり。祖母はその後すぐ病気が発覚してから1ヶ月で他界してしまいました。その突然の寂しさを癒やす様にセキセイインコが家族に元気をくれます!!本当にその為に来てくれた様な気がします。

    • 小屋の蓋開けていると自分の頭の上に乗ってきます笑

    • イワシャコが可愛すぎてあまり何も考えずに高めの値段で買って一瞬後悔しましたが、毎日プライスレスな癒しをくれています💕仕事後に寄り道せずに帰る日が増え、節約にもなっています!

    • お隣さんが回覧板を持ってきてくださった時に我が家のインコが『こんにちは』とタイミングよく喋って一拍間が空いたあと大笑いして、その後すごく仲良くなりました!

    ペットを飼っていない人に関するデータ

    ペットをまた飼いたいですか?

    以前ペットを飼育したことがあり、現在は飼っていない方へ聞きました。

    79%もの方が、また飼いたいと考えたことがあることがわかりました。

    では、また飼いたいと考えたことがあるけれど、現在飼育していないのはなぜでしょうか。

    ペットをまた飼いたいと考えたが現在飼育していない理由・事情

    理由 持ち家 賃貸 合計
    ペットとのお別れがつらい 127 92 219
    住居の契約上ペット飼育ができない 13 203 216
    飼育の手間など時間的理由 128 73 201
    金銭的理由 74 60 134
    傷・におい等住宅へのダメージが懸念される 56 57 113
    同居されている方との意見の相違 57 28 85
    子供がまだ小さくて、ペットのお世話に手が回らない 7 6 13
    アレルギーがある(ご自身、同居者) 6 5 11
    同居者の体調が思わしくない・介護のため 1 1 2
    海外も含む転勤予定がある 1 1
    旅行など不在の時間が多い 1 1
    その他 2 2

    ※複数回答可

    「ペットとのお別れがつらい」「飼育の手間など時間的理由」が多くあがりました。
    賃貸にお住まいの方は、物件の契約上ペット飼育ができない事情が非常に多いことがわかります。持ち家の方では、ペットの鳴き声などの騒音で近隣住民への迷惑やトラブルにつながることを心配する声も聞かれました。
    また、ご結婚やご出産、高齢者のご家族がいるなど生活環境が変わったことで、飼いたいけど飼えなくなったという方もいらっしゃいました。
     
    賃貸でペットを飼育する場合は、ペット可物件を探すことになりますが、ペット可賃貸物件は少ないのが現状です。
    こちらの記事ではペット可賃貸物件の上手な探し方と、注意点、特有の条件などを解説していますので、ぜひ併せて参考にしてみてください。

    sample

    ペット可の賃貸物件の上手な探し方と、押さえておきたい注意点をまるごと解説!

    ペットと暮らす物件を上手に探すコツ・チェックポイントを解説します。ペット可物件特有の条件についてもご紹介しますので、賃貸でペットを飼いたい人はぜひ参考にしてみてください。


    次に、また飼いたいと思わない方はどうでしょうか。

    ペットをまた飼いたいと思わない理由・事情

    理由 持ち家 賃貸 合計
    ペットとのお別れがつらい 48 33 81
    飼育の手間など時間的理由 40 20 60
    金銭的理由 19 25 44
    傷・におい等住宅へのダメージが懸念される 16 12 28
    住居の契約上ペット飼育ができない 3 23 26
    アレルギーがある(ご自身、同居者) 1 2 3
    子供が産まれ、ペットのお世話に手が回らない 1 1

    ※複数回答可

    こちらも「ペットとのお別れがつらい」「飼育の手間など時間的理由」のほか、「金銭的理由」も多く挙げられました。

    この回答からもわかるように、ペットと一緒に暮らすには、掃除の手間や、留守番・お散歩の時間の管理、エサ代のほか予防接種やもしもの時の治療にかかるお金も必要になるなど、大変な面があることを理解しておくことも重要です。

    また、寿命や予期せぬ病気などにより、いつか必ずお別れの時が来ることも覚悟しておく必要があります。

    実際にあったエピソードをご紹介しますので、参考にしてみてください。

    ペットとの「かなしい」「大変」エピソード

    ■お別れがつらい

    • 飼っていた犬が亡くなった時の悲しみは想像を超えていた。

    • 実家で犬を飼ってました。祖母に懐いていましたが、祖母がなくなってすぐに後を追うように亡くなりました…切ない思い出です。

    • やっぱり別れがつらいですね。かなりこたえます・・・。

    • 娘が飼い始めたうさぎ、抱っこが大嫌いだったけど、最後は私の腕の中で息を引き取りました。お別れが悲しく、もう動物を飼いたいと思いません。

    • 私が小学生の頃に犬をお迎えし一緒に成長し一緒に時を過ごしました。私にとってはペットでなく家族という存在で心の支えでもありました。結婚しまもなく天国へ旅立ちましたがあの時のツラさは今でも思い出すと涙が溢れてきます。ペットと暮らした日々は私にとって財産となる思い出がたくさんありまた飼いたい思いがあります。子育てが落ち着いたらまた我が家にもお迎えしたいです。

    • 10匹以上の猫ちゃん達と死別してきても慣れることなく、ひたすら悲しいペットロス

    • 実家でも猫を数匹飼っていたが、結婚を機に私が家を出ると家族全員をきらいになってしまい、触られてもくれず目も誰とも合わせず引きこもり野生のようになってしまった猫がいる。裏切られたと思ったのだろうか…。もちろん病院にも行けず、今は老猫になり体調が悪そうだが逃げ回り暴れる元気だけはあり、何も出来ずに死んでいくのを待つしかないのかと思うと…。幸せな結婚のはずが、ずっと心に残って後悔してる出来事になってしまった。

    • 昔実家で飼ってた猫が家族の留守中、水の張った浴槽で溺死しました。お風呂カバーのかけ忘れと浴室のドアが開いていたのが原因。悲しい思い出です。

    • もともと野良で家に迷い込んできた猫でした。その子は子猫を産んだ後に猫エイズが発覚し、出会ってから約4年後に亡くなりました。子猫は12歳になったばかりのある日突然亡くなってしまったのですが、毎日一緒に寝たり、具合が悪い時に寄り添ってくれたり、かけがえのない存在でした。猫は今でも大好きで近所で飼われている猫やテレビに出ている猫などを見て癒されることもありますがうちで飼っていた子たちの思い出が強く、新しい子を飼う気にはなれないでいます。

    • 母が小学生の頃に飼っていた犬が亡くなり、相当悲しい思いをしたことから、我が家では犬を飼うことを母が許してくれませんでした。父は幼少期からずっと犬を飼いたかったみたいで、私が高校生の頃に子犬を連れて帰ってきました。(母は許してくれましたが)小学生の頃の悲しい思い出が脳裏に焼き付いているようで、お別れはいつか必ずやって来ると、母は子犬とカフェや海、ドッグランなど色々なところにお出かけに行き、家族の誰よりも子犬との思い出を作っています。

    • 老衰した姿は見ていて辛かった

    • 亡くなった日に看取る事が出来なかったのが今でも悔やんでいます

    ■飼育が大変

    • マンションで飼い始めた猫が運動不足で肥満になり、戸建てに引っ越したら上下運動が増えて標準体重に戻りました。なので、戸建て派です。猫はお散歩もいけないので運動量維持が難しいです。

    • 戸建てに住んでいますが、庭が無いので夜間に猫の散歩に行ってます。

    • 仕事から帰ってきたら、いつも玄関に走って来て、嬉しいオシッコをして大変でした!

    • 娘がペットを飼いだしたが、途中で投げ出してしまい結局親が面倒見ることになってしまった

    • 犬を飼っていましたが、飼い始めの頃、散歩へ行くのにまったく動こうとしなくて大変だった。

    • インコを飼っていましたが餌の撒き散らしが大変でした

    • 私は猛反対でしたが、主人や子供の言い分に負けて飼い始めましたが、結局世話や掃除をしたのは私でした。

    • 生き物を育てることの大変さがよくわかった。

    • 妹が猫をもらってきたが、猫アレルギーが判明し、ほとんど私が世話をしていました。

    • ペットを飼っている知り合いの話では一年中エアコンをつけて温度調節してると聞いてびっくりしました!電気代が気になります。

    さらに、今までペットを飼ったことがない方に聞きました。

    今までペットを飼ったことがないけれど、飼いたいと考えたことがありますか?

    約半数の方が、ペットを飼ってみたいと考えたことがあることがわかりました。

    コロナ禍でおうち時間が増えたことや、なかなか自由に人と会えず寂しい思いをした方が多かったことも影響しているかもしれません。


    では、飼ってみたいと考えたけれど、現在飼っていないのはなぜでしょうか。

    ペットを飼いたいと考えたが現在飼育していない理由・事情

    理由 持ち家 賃貸 合計
    住居の契約上ペット飼育ができない 12 130 142
    飼育の手間など時間的理由 75 61 136
    金銭的理由 44 65 109
    ペットとのお別れがつらい 59 40 99
    傷・におい等住宅へのダメージが懸念される 41 48 89
    同居されている方との意見の相違 32 19 51
    具体的に飼育イメージが湧かなかった 13 11 24
    アレルギー・喘息がある(ご自身、同居者) 5 3 8
    赤ちゃん・子供がいる 4 2 6
    家を空けることが多い 2 2
    ペットのためのスペースがない 1 1

    ※複数回答可

    賃貸住まいの方では、やはり契約上飼育ができない理由が最も多いことがわかります。


    DOOR賃貸ではペット可の賃貸物件情報を多数掲載しています。これからペットを飼ってみたいと考えている方は、ぜひ理想のお部屋を探してみてください。


    傷・におい等住宅へのダメージについては、ペットと暮らしたことのある方からもいろいろなご苦労や工夫をおうかがいしました。

    事前に把握しておけば対策できることもあると思いますので、参考にしてみてください。

    ペットと住宅に関するエピソード

    • 猫を飼うまではトイレのしつけだけでいいと思っていたが、まさかこんなに毛玉やらキャットフードを吐き戻すとは思わなかったので最初は大変困りました。現在では良く吐いてしまう所や床などに撥水や耐水仕様の敷物をあらかじめ敷いておくようになりました。

    • 床がおしっこだらけでワックスが全部取れてしまう。床がフローリングだと滑るので何かを敷かないと犬猫にはかわいそう。

    • 以前賃貸でアメリカンショートヘアの猫を飼っていましたが、お布団に入る時に一緒にお布団に入ってきたりしてすっごくかわいかったんです!でも壁めっちゃひっかいてて、退去する時(原状回復にかかる費用負担など)が大変でした😂

    • 家のドアや襖を破壊し尽くした家は壁噛まれたり粗相されたりボロボロになったけどそれ以上幸せだった

    • 猫を飼っていたが、スプレー行動が酷くて大変だった

    ペットと家族のエピソード

    同居されている方との意見の相違があり、ご本人は飼いたいと強く思っていても飼えないという方も多くいらっしゃいました。

    ご本人や同居されている方が反対していたけれど、ペットと一緒に暮らしてみたら…というエピソードも多く寄せられましたのでご紹介します。

    • 子どもの誕生日にもらいはじめは興味のなかった私ですが、少しずつ愛着が湧いていき今では1番お世話をしています。餌をあげる時にもいつも「ご飯だよ〜」と話しかけるほど笑

    • 奥さんが好きで猫を飼いましたが、今や、中学生の息子が溺愛していて微笑ましいです

    • 私の父親は猫を飼うのを猛反対していて、猫はカーテンとか襖とかガシガシにするから嫌だと言っていました。今ではカーテン破こうが、家族で一番ニコニコして猫を見守っています笑

    • 兄が猫をもらってきた時に父が「返してこい」と言っていましたが、とても人懐こい子で父の膝に登って寝てしまいました。すると急に手のひらを返してかわいいもんだなとでれでれになりました。

    • 犬を飼いたいといった兄がその後結婚、誰が面倒を見るのか…ということになり、父は『俺は絶対にやらんぞ!』といっていたのですが、今や父が犬と毎朝散歩に行き、犬と一緒に布団に入って寝てます。笑あのころの父はどこへ…( ̄▽ ̄)

    • 子供の頃、上手に飼えなかったハムスターを改めてしっかり飼ってみたいと思って飼い始めました。今は子供達も可愛がってくれて、反対していた主人もメロメロです。

    • 実家に犬がいます。旦那は子供の頃犬に吠えられそれからずっと犬が苦手でした。私と結婚してから私の実家に来る事が増え、最初は恐る恐る撫でるだけだったのが今では抱っこまででき、更には将来犬を飼いたいとまで言っています。家の犬が吠えないパピヨンで、サイズも小さめだったのが良かったようで、だんだん犬好きになっていってくれて私も嬉しくなりました。今は賃貸で飼えませんが、将来犬を飼うのが楽しみです。

    • ハムスターを飼っていました。動物は苦手と言っていたお父さんがみんなが寝た後にハムスターに話しかけていたのを目撃して…本当は好きだったんだなぁと思ったのを覚えています。

    • 先輩宅に生まれた子犬を譲り受け、1番興味無さそうだった母が、毎日の癒しだーなんて言うようになり、散歩で友達を沢山作っていました!

    • 捨て猫が家の前に捨てられていて、家族は飼うことをその大変さを知っているからこそ猛反対しましたが、元々猫が大好きなのもあって結局はみんなメロメロに可愛がっていました。天寿を全うしましたが今でも写真フォルダには猫の写真でいっぱいです。

    父親や夫など男性のエピソードが非常に多かったのが印象的でした。

    ペットを飼いたい人は、事前にメリット・デメリット等をしっかり確認しよう

    ペットとの暮らしは、癒しや幸福な時間もたらしてくれるでしょう。

    しかしペットはわたしたちと同じ、命がある生き物です。飼育するには責任がともない、飼育環境を整えることのほか、金銭的な余裕・お世話にかける時間や心の余裕があることや、同居されている方の協力も非常に重要です。

    今回ご紹介したみなさんのリアルを通して、ペットを迎える検討や決断の参考になれば幸いです。

    執筆者

    執筆者

    DOOR賃貸編集部  

    DOOR賃貸運営事務局

    関連記事